子ども部屋

 

大和ホーム株式会社 新潟支店

独自の工夫ポイント

年齢やライフスタイルによって使い方が変化していく子ども部屋。お子さんが小さい頃、学校へ上がってから、そして独立へと・・。それぞれの時期で子ども部屋について考えてみてはいかがでしょうか。就学前は兄弟や姉妹が仲良く、一緒にと「オープンな間取り」。小学校高学年から中学生になってくると、プライベートな空間として、静かで集中できる勉強部屋として「自分の部屋」。お子さんの成長と共に家族のライフスタイルも変化していきますので、先を見据えた工夫が必要です。お子さんが小さい頃はオープンな間取り、小学校高学年からは間仕切って二部屋にするなどの工夫が最近多く見受けられます。
また、お子さんが思春期を迎えると「自室にこもりがちになる」「家族が顔を合わせない」といった問題も・・そこで、家族が集う場所(リビング)を必ず通る工夫(「行ってきます」「ただいま」が失われない間取り)を取り入れてみてはどうでしょう。『玄関~LDK(リビング=家族が集う場所)~自室へ』。こうすることで、さり気なく家族が顔を合わせ、何気ない会話をする、そして自然なふれ合いが生まれる。どんなに成長しても家族の絆は損なわれない。そんな子どものこと家族のことを考えられた間取りって素敵ですよね!!
さらに、子どもの独立後を設計段階で考えた「リフォーム前提の間取り」。使わなくなる子ども部屋を「趣味の部屋、ウォークインクローゼット、2世帯住宅のミニLDK、などなど」成長を見据えた設計も面白いですね!ご家族それぞれのライフスタイルがあります。目先のことだけではなく、将来を見据えて設計をした「子ども部屋」を考えていけたらいいですね。

 

大和ホーム(株)新潟支店様/(鳥瞰図) 大和ホーム(株)新潟支店様/(間取り)


 

アールプラスハウス長岡

独自の工夫ポイント

子ども部屋は人数分必要?
兄弟の年齢差や家庭の過ごし方によっては人数分を用意しなくても、その分の空間を無駄なく活用することができます。
例えば遊び盛りの3人のお子さんがいるケースでは、上の子と下の子の年齢差を考え、子ども部屋を二部屋にとどめ、その分LDKに開放感を与えるなどの工夫ができます。子どもたちがそれぞれのお友だちを誘っても、走り回って遊べる大空間の家です。
子ども部屋の一室は、「屋根勾配」を生かした山小屋風。地窓と天窓から明るい光を取り込み、夜は星を眺めることもできます。LDKとはひと味違った空間に。3人の子どもたちがのびのびと健やかに育つ環境が整います。

R+house長岡様_RSS0006 R+house長岡様_RSS0258


 

有限会社山口建築工業

独自の工夫ポイント

あまりいい部屋を作ってしまうと、将来友だちのたまり場になってしまう可能性が高まりますし、リビングなどより居心地がいいと部屋にこもってしまい、アパート暮らしなどでみんな一緒に生活して育んだ家族の時間が薄れてしまうかも知れません。私がそうでした!(いい部屋ではないですが10畳の広さがあったので、中学~高校~結婚まで何かと友人のたまり場に…パーティー会場にされてしまったことも。悪い事ばかりではありませんが)3人のお子さんをお持ちの家庭を仮定すると、特に高校卒業後は全員が家にいることは少ないかもしれません。また、大学・専門学校を卒業し、県外で就職、そこで結婚という事になったりするかもしれません。子ども部屋が必要なのは、中高の6年間くらいではないでしょうか?そう考えるとコンパクトなお家で部屋が余るのはもったいないので、子ども部屋は最初に仕切り壁を作ったとしても、柱などの構造材を使わなくていいように設計し、将来大きな部屋やフリースペースにリフォームしやすいようにするなど間取りの変更ができるような工夫も重要です。

 

①専門家に聞きました/山口建築工業CIMG1936e ③専門家に聞きました/山口建築工業14b


 

ユアーズホーム

独自の工夫ポイント

お子さんと一緒に過ごす期間は、意外と短いもの。お子さんが成長するにつれて、個室が必要な時期がやってきますが、それまではできるだけオープンな関係でいたいものです。お子さんが一人で個室で勉強するようになるのは、大きくなってから(小学校高学年から高校くらい)というご家庭が多いようです。それまでは皆と一緒の空間で勉強できるようにリビングにワークスペースを確保しておくと重宝します。子ども部屋はいずれ間仕切りできるように作っておく方と、最初から仕切って作られる方に分かれます。お子さんが巣立った後の使い方を考えられるのは間仕切り対応の子ども部屋です。後で作る間仕切りは、構造上取り払っても問題がないので、長い目で見ると利用価値は高くなります。兄弟・姉妹が一緒に仲良く遊べる広々空間があるのもいいものですよ!

ユアーズホーム② ユアーズホーム①


 

アンドクリエイト

独自の工夫ポイント

●配置について「お子様のお部屋は東側に配置してあげる」
お子様の当分のお仕事は…毎日元気に学校に行くこと。朝日が差し込み、気持ち良く起きられて学校に行きやすい環境を作ってあげてはいかがでしょうか?

●広さについて「狭すぎず広すぎず」
お子様が一人で寝られるようになって、自分のお部屋として活用するのが小学校高学年、一般的には中高を過ごして進学するとお部屋は使われないパターンが多いのではないでしょうか?二次的にご夫婦の趣味部屋として活用するなら別ですが、10年足らずしか使わない部屋を広くするのはもったいない気が…。家族みんなが集まるリビングを広く一番快適なスペースにして、子供部屋は少し満たされない空間に…部屋にこもらず家族団欒できる仕掛けになるかもしれません。

アンドクリエイト/子ども部屋_MG_0867 アンドクリエイト/子ども部屋_DSC_0049

●収納について「片付け上手になる仕掛け」
お家づくりでできる仕掛けがあります。まず扉は付けない。クローゼットに使われる折戸は両サイドが収納しづらく、最近多く使われているクリアBOXが使いにくいです。そして何よりも「隠せちゃう」デメリットが…。悪い習慣が身についた大人には無理ですが(笑)お子様だったらいい習慣が身につく仕掛けになるかもしれません。そして、可動式にすることです。高さが合わず収納しにくいことから片付けなくなることもあります。ハンガーパイプ、棚の高さをお子様の成長に合わせて変えられたら片付けやすくなりますよね。

アンドクリエイト/子ども部屋_MG_6838

●お部屋の色合いについて「色は心理的な影響を及ぼします」
クローゼットの中や部屋の壁一面の色を変えて可愛くおしゃれに…お子様好みに。暖色系の色は暖かく感じ、寒色系の色は寒く感じます。一説によると、その差は3℃あるそうです。色の及ぼす効果も考慮して、お部屋を彩ってみてはいかがでしょうか。